2010年

4月

12日

Pages to the people

Jimdo の創設者来日イベントに参加してきました。

ドイツから来ている、創設者お三方によれば、

このJimdo はそもそも、中小企業向けのCMSから派生したものだとか。

 

お客さんに使いやすいモノを提供しようと思っていたら、

それがどんどん人を呼んで、今や8カ国語対応、

世界150カ国で200万人以上に使われているとか。

いやいやすごいものです。

 

そういえば今日のイベントには、

ずいぶんお年を召した方も来ていたし、

国や言語だけじゃなく、年齢層も幅広いんでしょうねえ。

で、今日のイベントでは

Jimdo Business のサービス開始やJimdo shop の機能強化、

あと名前忘れたけど、

個人がテンプレートつくってそれをみんなが使える的な機能とか、

まあ、あれやこれや新しいことが盛りだくさん。

 

Jimdo についったーのポストを流せることも知らなかった人としては、

あらまー、すごいのねーと、口がポカーンと開きっぱなしの状態でした。

 

で、僕が気になったのは、こんなにすごくなって

便利になって、このツールを誰が使うのかっていうこと。

 

サイト製作会社が使って、キッチリお金を請求する?

中小企業が自前でサイトをつくるのに使う?

商店のオヤジが自分で?

それとも個人デザイナーが自前で仕事を取ってくる?

 

やっぱりメインになるのは、サイト制作会社なのかなぁ。

う〜ん、Jimdo がいくら便利といっても魔法のツールではないから、

それなりの人がつくらないとキレイなサイトにはならないですしね...。

 

個人的には便利なツールなので、個人事業のデザイナーさんが

近所のお店や企業のサイトをつくってビジネスにする、みたいな展開が

増えればいいなと思うんですけど、どうなんでしょう。

 

Jimdoはビジネスの仕組みをガラッと変えるポテンシャルのある装置だとは

思うんですけど、それを使う側のエネルギーがいかばかりなのか。

 

道具をどれだけ使えるかは、個人しだい。

まあ何が言いたいかというと、営業が大事ってことですね。

 

 

今日はお土産をいろいろいただきました。

 

お金を出してまで試すのもなんだなーと

思っていたPOKENまでいただいて、

POKEN Japanさん、

ありがとうございました。

 

そしてJimdoさんも、

ありがとうございました。

もうしばらくお世話になろうと思います。

 

 

でもイベントに質問コーナーとか要望コーナーぐらい

あってもよかったんじゃないですかね・・・。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Eugene (月曜日, 23 7月 2012 05:20)

    I just love this site, its amazing and awesome and really speaks to you|I have activated to your rss feed which need to do the trick! Use a nice evening!